クレジットカードの使い方

人気クレジットカードTop > クレジットカードの基本 > クレジットカードの使い方

« クレジットカードのポイントについて | メイン | クレジットカードを付帯保険で比較 »

クレジットカードの使い方

カードが届いたら、カードの裏にサインをしましょう。サインは、漢字でするのがいいでしょう。そして、料金の支払いの時にクレジットカードで支払うことを店員に告げて、売上票にカードの裏のものと同じ書体でサインをすることで使えます

なぜ漢字のサインがいいのでしょうか?それは、カードの不正使用防止に効果的だからです。カードの不正使用をしようとするのは日本人だけとは限りません。外国の人達には、漢字を書く事自体が難しく、まねをするのが困難だからです。ですので、サインはひらがな、カタカナ、英語などでも出来ますが、漢字でしておきましょう。

サインはなぜ必要なのでしょうか?他人のカードを手に入れることが出来たとしても、人に分からない位にサインをまねするのは困難だからです。

では、もしカードの裏にサインをしていなかったらどうなるのでしょうか?
店での使用を断られるだけでなく、もし盗難・紛失により損害を被った場合、盗難・紛失に対する対策をとっていなかったとして重大な過失があったとみなされ、保障が受けられない可能性があります。(サインをしていなかった場合、盗んだ犯人が自分でカードの裏にサインをすれば容易に使用することができてしまいますよね。)

最後にサインに対する注意点をあげておきたいと思います。サインをするという事は「売上票の額を支払うことを了承した」ということを証明することです。よって、後で支払い額が自分が思っている額よりも多かったことが分かったとしても支払う義務が生じます。ですので、売上票に書かれている額が適正かよく確認しておく必要があります。






「おすすめクレジットカード」を解説した記事はこちら
>>http://card.teiiyone.com/cat60/