クレジットカードの旅行傷害保険の適用条件

人気クレジットカードTop > クレジットカードの付帯保険 > クレジットカードの旅行傷害保険の適用条件

« クレジットカードの海外・国内旅行時の保障 | メイン | クレジットカードの紛失・盗難保障 »

クレジットカードの旅行傷害保険の適用条件

 「クレジットカードの海外・国内旅行時の保障」で、クレジットカードには、旅行中の損害を補償してくれる―旅行傷害保険が自動で付帯していると解説しました。記事では、(1)海外旅行傷害保険は、けが・病気・賠償責任・携行品の損害を補償してくれ、(2)国内旅行傷害保険は、けがの損害を補償してくれると解説しました。

 ただ、クレジットカードによっては、旅行に関する費用をクレジットカードで支払わなければ、旅行傷害保険が適用されない場合があります(特に国内旅行傷害保険の適用条件に入っていることが多いです)。旅行傷害保険に、旅行に関する費用をカードで支払う―という条件がつけられている場合がある理由は、(1)旅行傷害保険には保険料を支払う必要があり、その保険料はカード会社が負担しています。
(2)カード会社は、その保険料分を回収する必要がある*から―だと私は思います。
* 利用者が代金をクレジットカードで支払った場合、カード会社は加盟店から手数料を受け取れます。
では、“旅行に関する費用”とは具体的にどの費用なのでしょうか?

 “公共の交通機関”・“宿泊施設”の費用などです。なお、旅行傷害保険が付帯する条件は、カードごとに異なります(上記の条件がないカードもあります)。ご自分のカードを発行している会社のホームページ等で必ず確認してください。

図:旅行傷害保険の適用条件
旅行傷害保険の適用条件






「おすすめクレジットカード」を解説した記事はこちら
>>http://card.teiiyone.com/cat60/