付帯保険を重視するなら、JCB一般カードがおすすめ(年会費がかかるクレジットカード)

人気クレジットカードTop > クレジットカードの付帯保険 > 付帯保険を重視するなら、JCB一般カードがおすすめ(年会費がかかるクレジットカード)

« ポイント還元率を重視するなら、楽天カードがおすすめ(年間の使用額が少ない方向き) | メイン | デビットカードは、SURUGA VISAデビットカードがおすすめ »

付帯保険を重視するなら、JCB一般カードがおすすめ(年会費がかかるクレジットカード)

 これまで、クレジットカードの○○保障という記事タイトルで、クレジットカードに自動で付帯する保険について解説してきました。今までに解説した、クレジットカードの付帯保険は、“海外・国内旅行傷害保険”・“紛失・盗難保険“・“ショッピング保険“・“シートベルト損害保険”―です。

 ただ、どのクレジットカードを選んでも、全ての付帯保険が付いているわけではありません。付帯している保険は、クレジットカードごとに大きく異なります。クレジットカードに付帯している保険の例は、以下です。まず、JCB一般カードには、国内・海外旅行傷害保険、紛失・盗難保険、ショッピング保険がついています。また、ライフカードには、紛失・盗難保険のみ、ついています。では、付帯保険を重視する場合、どのクレジットカードを選べばいいのでしょうか?

 年会費が若干(年:1312円)かかってもいいなら、付帯保険が手あつい―“JCB一般カード”がおすすめです。なお、“年会費が若干かかる“と書きましたが、JCBカードは、”年間の使用額が50万円以上“の場合、翌年の年会費が無料になります*。
* MyJチェック(=カード利用代金明細書を、紙ではなく、メールで受け取るサービス)の登録も合わせて必要です。

図:各クレジットカードの付帯保険の有無と、補償額上限

カード名
(公式サイトへ)
年会費旅行傷害保険**紛失・盗難保険ショッピング保険シートベルト損害保険
海外国内最高額免責額
JCB一般カード1312円***(「MyJチェック」の登録と、年間合計50万円以上のショッピングの利用で、翌年の年会費無料)3000万円3000万円100万円1万円
漢方スタイルクラブカード1575円2000万円1000万円
楽天カード0円2000万円
イオンカード0円50万円0円
セディナカード0円50万円3000円
ライフカード0円
** 数値は、死亡・後遺障害の補償額です。けが・病気の場合、最高補償額は下がります。
*** オンライン入会した場合、初年度は0円になります。






「おすすめクレジットカード」を解説した記事はこちら
>>http://card.teiiyone.com/cat60/