クレジットカード発行元ごとに異なる―審査難易度

人気クレジットカードTop > クレジットカードの審査 > クレジットカード発行元ごとに異なる―審査難易度

« デビットカードの発行銀行 入金まわりの使い勝手 | メイン | クレジットカードの審査に使われる―クレジットスコア »

クレジットカード発行元ごとに異なる―審査難易度

 クレジットカードの発行前には、カード発行元による―審査があります。カード発行前に審査が必要な理由は、(1)立替払いをする場合、きちんとお金を返してもらえるか審査する必要がありますが、(2)クレジットカードの発行元は、立替払いをするからです。

 ただ、クレジットカードの審査の難易度は、どれも同じではありません。各クレジットカードの審査難易度が異なる理由は、カード発行元ごとに、貸し倒れリスクに対する考えが違うからです。貸し倒れリスクに対する―カード発行元の考えの違い例は、以下です。まず、貸し倒れリスクの低い会社員にしか発行しない、という考えのカード発行元があります。また、一般的に会社員よりも貸し倒れリスクの高い―フリーターや主婦の方にも発行する、という考えのカード発行元があります。

 そのため、信用レベルが低く、審査の厳しいところには通らない可能性がある方の場合、クレジットカードごとの審査の難易度を、あらかじめ把握しておきたいと思うでしょう。では、クレジットカードの審査の難易度は、何を目安に判断すればいいのでしょうか?

 クレジットカードの発行元が、どこであるのかで判断すべきです。なぜなら、クレジットカードの審査の難易度は、カード発行元分類(“銀行系カード“などと表現されます)で、ある程度判断できるからです。具体的には、以下です。まず、”銀行系カード”の審査は、信販・流通系カードと比べて厳しいです。次に、”信販系カード”の審査は、銀行系カードよりも易しく、流通系カードよりも厳しいです。最後に、”流通系カード”の審査は、最も審査が易しいです。
注)上記の審査難易度の分類は、例外も多いため、あくまで目安として考えてください。

図:クレジットカード発行元ごとの審査難易度(左に行くほど難しい)
クレジットカード発行元ごとの審査難易度






「おすすめクレジットカード」を解説した記事はこちら
>>http://card.teiiyone.com/cat60/